山形在来作物研究会

{PDF} ダウンロード 1.7MB_Adobe PDF

ミュージカル「しあわせのタネ」についての解説です。
{PDF} ダウンロード 884.1KB_Adobe PDF

在作研公開フォーラムの前日11月16日、夕方18:30から(開場は18:00)、荘銀タクト鶴岡にて、ミュージカル「しあわせのタネ」が上演されます(チケットの入手方法は来週告知します)。 2014年に中 ...もっと詳しく
{PDF} ダウンロード 341.2KB_Adobe PDF

11月17日(土)午後、鶴岡駅前マリカ市民ホールで行います。テーマは「たねとりのわざー自家採種文化の継承を考える」です。野菜の採種技術の卓越者、一般財団法人広島県農業ジーンバンクの船越建明氏においでい ...もっと詳しく
{PDF} ダウンロード 3.6MB_Adobe PDF

 4月に鶴岡市役所のホームページにアップされた平成29年度「鶴岡市在来作物調査研究事業」報告書のうちp29(ファイル4-1.pdfに含まれる)が修正前のままアップされておりました。関係者の皆様に深くお ...もっと詳しく
{PDF} ダウンロード 9.7MB_Adobe PDF

山形在来作物研究会が委託を受けた平成29年度鶴岡在来作物調査研究事業の報告書が鶴岡市のホームページhttps://www.city.tsuruoka.lg.jp/shisei/sogokeikaku/ ...もっと詳しく
4月12日発売の「婦人之友」5月号(97ページ)に昨年の山形在来作物研究会公開フォーラムを紹介した記事が掲載されました。
農耕と園芸の1月号に2017年10月29日に開催した山形在来作物研究会公開フォーラムの記事が掲載されました。
{PDF} ダウンロード 8.3MB_Adobe PDF

 この春、東北芸術工科大学を卒業する企画構想学科4年の山木耕輔くんが卒業制作で、だだちゃ豆の歴史物語をマンガにしてくれました。マンガという表現を通すと、だだちゃ豆の物語が分かりやすくなり、なんだかリア ...もっと詳しく
...もっと詳しく
{PDF} ダウンロード 303KB_Adobe PDF

 10月29日に予定している山形在来作物研究会公開フォーラムの第1部の内容を変更します。イタリア食科学大学学長のピエローニ先生に講演をいただく予定でしたが、先生が緊急に手術を要するご病気で入院され来日 ...もっと詳しく
{PDF} ダウンロード 245.3KB_Adobe PDF

 山形在来作物研究会は、設立15周年を迎えるにあたり、2014年にユネスコ食文化創造都市となった鶴岡市との共催のもとに公開国際フォーラムを企画しました。イタリア食科学大学のアンドレア・ピエローニ学長に ...もっと詳しく
 12月10日の午後、山形在来作物研究会公開フォーラム「在来作物を売る−商品化への知恵と工夫−」を開催しました。全国から(県外は秋田、宮城、福島、新潟、東京、茨城、滋賀、長崎など)約140名の聴衆者が ...もっと詳しく
{PDF} ダウンロード 405.8KB_Adobe PDF

12月10日です!山形在来作物研究会公開フォーラム2016 のご案内  「在来作物を売る−商品化への知恵と工夫−」   主催:山形大学農学部、共催:鶴岡市・山形在来作物研究会 在来作物は地域の宝です。 ...もっと詳しく